西濃運輸/25mフル・トレーラ、運行開始

2018年03月30日 

西濃運輸は3月29日、国土交通省が公募する「ダブル連結トラック実験」に参加し、25mのフル・トレーラの運行を開始した。

<連結後のフル・トレーラ>
連結後のフル・トレーラ

<解放後の大型車とセミトレーラ(手前)>

実証実験に使用する車両は、フル・トレーラでの走行時に後方で引かれた荷台を、切り離した後にセミ・トラクタと連結させて単独でセミ・トレーラとしても運行が可能となっている。このような機能を持つ25mフル・トレーラは、日本では初となる。

実証実験では、四日市支店を出発した大型車と、岐阜支店を出発したセミ・トレーラを小牧支店で連結。

フル・トレーラの状態で藤枝支店まで走行し、2台を解放。大型車は富士支店を経由して沼津支店へ向かい、トラクタヘッドを付けてセミ・トレーラとなった車両は、そのまま沼津支店へ運行する。

下りでは、同様に沼津→藤枝間は大型車とセミ・トレーラとして運行し、藤枝→小牧間はフル・トレーラ。小牧支店以降は別々に運行し、他店を経由しながら自店へ戻る。

最新ニュース

物流用語集