清水建設/埼玉県新座市で3棟計約19万m2の大規模物流施設開発

2018年03月30日 

清水建設は3月30日、埼玉県新座市に、約400億円を投じて開発する3棟計約19万m2に及ぶ大規模物流施設「S・LOGi(エス・ロジ)新座」を着工した。

<S・LOGi(エス・ロジ)新座完成予想図>
S・LOGi(エス・ロジ)新座完成予想図

3棟は、2019年9月から順次稼働する。

この地域では、物流専門業者や大手不動産会社などによる物流施設の開発が相次ぎ、今後も根強い物流施設需要が期待されている。

同社は、物流施設開発シリーズ「S・LOGi」の第4弾として、S・LOGi新座の開発を決定した。

マルチテナント型1棟、専用倉庫型(BTS型)2棟の計3棟で構成するS・LOGi新座は、総延床面積が約19万m2に及び、同社最大の開発規模となる。

建設地は、新座市施行の新座市大和田二・三丁目地区土地区画整理事業区域内に位置する約9万m2の更地。関越自動車道所沢ICまで約2km、外環自動車道和光ICまで約7kmと、首都圏の大消費地にアクセスしやすく、首都圏向けの物流施設として最適な立地と言える。

JR貨物新座貨物ターミナルまで約1kmと至近なので、鉄道輸送との連携により、モーダルシフトの拠点となることを目指す。

さらには、JR武蔵野線新座駅を使えば徒歩約15分で通勤できることから、新規の従業員・パートの確保にも有利。

テナント型物流施設としての競争力を高めるために、冷蔵倉庫としても使用できる倉庫仕様、人手に代替するIoT機器や大型マテリアルハンドリング機器を設置できる施設計画等、テナントの多様なニーズに対応できる仕様を採用。

こうした仕様に加え、安心・安全、環境配慮等種々の付加価値を提供する。

例えば、自然災害リスクが低いエリアながら、非常用発電機や太陽光発電パネルにより、停電時に72時間以上対応可能な電源を確保しテナントのBCPをサポートする。

従業員が休憩できる屋外テラスや無料Wi-Fiを完備したカフェテリア、コンビニ、宅配ロッカーなどのアメニティを充実させる。

施設周辺、新座市の地域特性を勘案して、武蔵野の雑木林の再生など生物多様性の保全に取り組む予定であり、すでに保全計画について物流施設として初となる「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)」を取得している。

清水建設は、1500億円の投資枠を設定し、国内・外で投資開発事業を展開している。引き続き、物流施設はもとより、オフィスやホテル、データセンター、集合住宅などの開発を推進し、ストックマネジメント事業の強化を図る。

■S・LOGi新座プロジェクトの概要
所在地:新座都市計画事業大和田二・三丁目地区土地区画整理事業地内
    9街区・10街区の一部
開発面積:W棟(パース左側)約6万703m2
     E1棟(パース右上)約1万8617m2
     E2棟(パース右下)約1万m2
延床面積:W棟 約13万850m2
E1棟:約3万8566m2
E2棟:約1万9228m2
構造:W棟・E1棟-S造一部RC造、E2棟-S造
竣工時期:W棟、2019年秋(予定)
     E1棟、2019年冬(予定)
     E2棟、2020年春(予定)

最新ニュース