郵船ロジスティクス/ベトナム・ハイフォン倉庫2期棟を稼働

2018年03月29日 

郵船ロジスティクスは3月29日、ベトナム法人のYusen Logistics (Vietnam)が、ベトナム北部の旺盛な取扱需要に応えるために、既存のハイフォン倉庫に隣接する土地に6000m2の2期棟を新設し、1月から営業を開始したと発表した。

<ベトナム・ハイフォン 2期棟外観>
ベトナム・ハイフォン 2期棟外観

ハイフォンでは最大規模の物流施設になる。

ハイフォン・ディンブー工業団地内に2期棟・延床面積6000m2を新設し、輸入部材及び輸出製品の保管を中心とした物流業務を外部委託したいという顧客の旺盛な需要に対応するもの。

既存の1期棟は延床面積1万2000m2あり一般倉庫、保税倉庫、CFS倉庫の3つの機能を備えた多機能倉庫。更に、トラック100台分を駐車出来るスペースを確保し、豊富な自社車両でハイフォン港発着のコンテナ輸送をはじめとする各種輸配送サービスを安定的に提供している。

また、敷地内の空コンテナデポ(蔵置能力3000TEU)では、クリーニング・修理を行う設備を完備し、品質の良いコンテナを提供。合計1万8000m2の物流施設は、ハイフォンにおいて最大規模。

なお、ベトナム北部では、部材を免税で輸入し、加工・生産した製品を輸出する「輸出加工企業」に対する税の優遇措置を背景に、電子・電気機器、自動車関連の日系企業が多く集積し、生産量を増やしている。

その中でもディンブー工業団地は、空港、高速道路へのアクセス利便性が非常に高い場所に位置しており、港湾では河川港である既存のハイフォン港に加え、今年開港予定の大規模深水港・ラックフェン港にも隣接している。昨年完成したラックフェン港につながる橋は、間もなくハノイとハイフォンを結ぶ高速道路とも直結される予定で、ラックフェン港とベトナム北部地域間の物流を支える輸送路として活用が期待されている。

■概要
名称:Yusen Logistics (Vietnam) Co., Ltd. Hai Phong Logistics Center
住所:Lot CN3.3C, Dinh Vu Industrial Zone, Dong Hai 2 Ward, Hai An District, Hai Phong City, Vietnam
2期棟概要
延床面積:6000m2
トラックバース:17

1期棟概要
延床面積:1万2000m2
コンテナデポ:約2万4000m2 (蔵置能力3000TEU)
トラックヤード:100台分
トラックバース:42

最新ニュース