商船三井/ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け砕氷LNG船が初荷役を実施

2018年03月29日 

商船三井は3月29日、中国遠洋海運集団との合弁会社が発注した砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」が、3月27日から28日にかけてロシア・ヤマル半島サベッタ港のヤマルLNG出荷基地で初荷役を実施したと発表した。

<北極海でアイストライアル実施中のVLADIMIR RUSANOV>
北極海でアイストライアル実施中のVLADIMIR RUSANOV

<サベッタ港で初荷役をするVLADIMIR RUSANOV>
サベッタ港で初荷役をするVLADIMIR RUSANOV

2014年7月に発表した「ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造LNG船3隻の造船契約を締結」の第一船であり、ヤマルLNGプロジェクトのLNGの輸送に長期貸船される。

昨年12月21日に韓国・Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering(DSME)のオクポヤードで命名式を実施した後、スエズ運河経由で北極海まで航行し、商船三井の技術者と海技者、傭船者であるヤマルLNG社、建造造船所であるDSME社、主要機器メーカー等の立ち会いの下、約3週間にもおよぶ砕氷航行試験を実施した。

砕氷航行試験では、氷海での本船の単独砕氷能力が確認され、この船は無事プロジェクトに投入された。

商船三井が発注した残り2隻の砕氷LNG船についても、計画通り順調に建造が進んでおり、第二船は本年9月、第三船は来年9月にそれぞれDSME社で竣工のうえ、プロジェクトへ投入される予定。

なお、北極海は未発見天然ガス資源の30%、石油資源の13%が存在していると言われている、資源の宝庫。

ヤマル半島周辺では、次の大規模LNGプロジェクトの投資も予定されており、北極海から資源を安全且つ短い距離で調達できることは日本の国益にも資するもの。

世界に目を向けると、LNGはクリーンなエネルギーとして、今後10年以上の期間において年率5%近い伸びが期待されている。

中国やインド、東南アジアで大幅な輸入の増加が期待され、また欧州でも、天然ガスの域内生産が減退していることから輸入の増加が見込まれている。

■VLADIMIR RUSANOV要目
全長:299.0m
全幅:50.00m
満載喫水:12.00m (氷海航行時)
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万2000立方m
アイスクラス/仕様:ロシア船級ARC7 / 極寒地を対象とした特別仕様
砕氷航行能力:船首砕氷バウ構造、船尾3軸PODプロペラ
最大砕氷能力:氷厚2.1m (後進時)
建造造船所:Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering
船舶管理会社: 商船三井
保有比率:商船三井50%、China COSCO Shipping社50%

最新ニュース