ローム/自動車向け機能安全規格「ISO 26262」の開発プロセス認証取得

2018年03月28日 

ロームは3月28日、自動車向けの機能安全規格である「ISO 26262」の開発プロセス認証を第三者認証機関であるテュフ ラインランド(ドイツ)より取得したと発表した。

これにより、ロームの車載向けデバイスの開発プロセスが、同規格の最高レベルの安全度水準となる「ASIL-D」まで対応可能と認められたことになる。

「ISO 26262」は、自動車の電子化や高機能化に伴い、グローバル市場において自動車の安全性能に対する要求が高まる中、業界標準の機能安全に関する国際規格として2011年に策定された。

近年は、ADASに代表される技術革新が加速し、自動車の安全性を担保するには、車載部品を構成する半導体レベルでの安全目標の達成が求められている。

ロームは、創業以来「品質第一」の企業目的のもと、開発から製造までを一貫してグループ内で行う「垂直統合」システムを採用し、あらゆる工程で高い品質を作りこみ、確実なトレーサビリティの実現やサプライチェーンの最適化を図っている。

自動車向け部品においても、車載専用ラインを構築し、品質マネジメントシステム「IATF 16949」や電子部品の信頼性規格「AEC-Q100・101・200」に準拠した製品開発を進め、今後は、「ISO26262」に準拠した開発プロセスを機能安全が求められる電源ICやタイミングコントローラICなどの製品から順次、適用していく。

最新ニュース