CRE/360度パノラマ動画ソリューション導入、VRで物流施設内見を効率化

2018年03月28日 

シーアールイー(CRE)は3月28日、VR(仮想現実)コンテンツプラットフォームを提供するナーブ(東京都千代田区、)のVR内見、360度パノラマ動画ソリューション「VR 内見 plus Movie」を導入し、効率的かつ効果的なリーシング手法を確立すると発表した。

<VR内見 plus Movieで内見が可能なロジスクエア千歳 倉庫内画像>
VR内見 plus Movieで内見が可能なロジスクエア千歳 倉庫内画像

同社は、物流不動産を中心に約1400物件、約139万坪の管理運営を行っているが、今後さらなる事業拡大と強化に取り組むため、他に先駆けて360度パノラマ動画を用いたVRソリューションを営業ツールとして導入することを決めた。

これまでのリーシングは、物件に関する情報(施設仕様や立地など)を文字情報と写真を組み合わせて紹介し、その後営業担当者が現地案内に同行する手法をとっていた。

物件視察にかかる移動時間やスケジュール調整などの労力の軽減と意思決定の迅速化のため、VR内見 plus Movieの導入を決め、4月より一部の開発物件から順次運用を開始する。

<ナーブオリジナル専用端末「CREWL(クルール)」>
ナーブオリジナル専用端末「CREWL(クルール)」

遠隔地の物件を紹介する際、お客にナーブオリジナル専用端末「CREWL(クルール)」を使って、VRで物件の内覧が可能になる。

お客は、VRを通じて、倉庫の周辺環境やトラック導線、VRでしか感じられないような感覚的な広さを、実際に倉庫内で見ているような感覚で見ることができる。

現在は一部の開発物件のみだが、今後はシーアールイーが管理する約1000 棟の中小型物流施設についてもVR内覧の導入を進めていく。

同社が運営している、貸し倉庫検索サイト「LogiSquare」でも、今後、「VR内見360度パノラマ画像」を使って情報を展開することを視野に入れている。

CREWL(クルール)は手で持って覗くタイプのVRゴーグル。顔との接地面を極力少なくしたことで、衛生上の忌避感を無くし、ハンディタイプであることから自身のタイミングでいつでも閲覧を止めることができ、適度な没入感を提供する。

最新ニュース