横浜港、苫小牧港/提携、海上物流の変化に的確に対応

2018年03月27日 

横浜市港湾局は3月27日、横浜港と苫小牧港の両港の取組を活かしながら、相互協力体制を構築するため、協定を締結した。

横浜港と苫小牧港が連携することで、国際フィーダー航路等を活用した海上輸送ネットワークを強化し、今後見込まれる東南アジアとの貿易の増大など、海上物流の変化に的確に対応し、荷主の利便性向上を図っていくことを目的に、相互協力体制を構築していく。

連携内容は、苫小牧港と横浜港との連携による海上輸送ネットワークの充実強化、荷役機械、電気設備等の管理・運営面における技術協力、LNGバンカリング拠点形成に向けた情報交換、国等への施策提言、国際コンテナ物流に関する情報交換、国等への施策提言及び予算要望。

横浜港では、戦略港湾としての基幹航路の維持・拡大を目指し、国際フィーダー航路の拡充など、積極的な施策を展開している。

苫小牧港では、韓国、中国、北米との国際定期コンテナ航路やフェリー、RORO船、コンテナ船の国内定期航路が就航しており、物流を支える港づくりに取り組んでいる。

最新ニュース

物流用語集