SGHD/2018 J-Win ダイバーシティ・アワードで企業賞

2018年03月26日 

SGホールディングスは3月26日、NPO 法人J-Winが主催する「2018 J-Winダイバーシティ・アワード」の「企業賞 ベーシック部門」に入賞したと発表した。

SGHDが取り組んでいる、グループ横断での持続的なD&I 推進が評価され、物流業界として初めて「企業賞 ベーシック部門」に入賞(ファイナリスト選出)したもの。

主な取り組み内容は、「収益の30%を女性が担う体制の構築と、企業文化や業界の地位向上」を目指し、各社のトップが責任者となってグループ横断で持続的にD&I を推進。

女性を含めた多様な人材の活躍のために、環境構築、採用・育成・定着、職域拡大、ワークライフマネジメントの推進を進め、女性のビジネスへの貢献度向上を目指し、女性によるプロダクトイノベーション、プロセスイノベーションを推進。

女性が様々な職種、職位での活躍を目指し、意思決定可能なポジションに就く女性を増やすため、積極的に管理職登用するとともに、男性を含めた管理職の意識改革も実施。

さらに、多様なライフスタイルに合わせ、働き続けられるよう、男性の育児休業取得促進や在宅勤務制度等の多様な制度、さらにグループ全体で働き方改革への取り組みを実施。

昨年度の同アワードでSGHD・元取締役の漆崎 博之(故人)が「個人賞」の「リーダー・アワード」を受賞しているが、物流業界での「企業賞」への入賞は、今回が初めてとなる。

「J-Win ダイバーシティ・アワード」は、企業でのダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援するJ-Win が、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を推進している先進企業や個人を表彰するもので、2008年より毎年実施されている。

またその中の「企業賞」は、「D&I 推進を経営戦略として位置づけ、「女性活躍推進」を重要課題として、女性リーダーを継続的に輩出する仕組みづくりに積極的に取り組み、多様な能力やアイデアを融合し、新たな価値を創造していくイノベーティブな組織風土の形成に取り組んでいる企業を表彰している。

最新ニュース