コグネックス/ESD保護対応バーコードリーダを発表

2018年03月26日 

コグネックスは3月26日、静電気放電(ESD)保護機能を備えたバーコードリーダのラインナップを発表、発売を開始した。

<ESD保護対応DataManバーコードリーダ>
ESD保護対応DataManバーコードリーダ

固定式リーダDataMan(R)360、260、150、50シリーズ、有線タイプのハンドヘルド型リーダDataMan 8050HD/HDXシリーズにESD保護対応モデルを追加した。

静電気放電(ESD:物体間で激しい放電が発生する現象)は、電子部品にダメージを与えるだけでなく、爆発や火災を引き起こす原因にもなる。コグネックスのESD保護対応バーコードリーダは、ESD対策済みプラスチック製筐体と帯電防止コーティングされた光学部品の組み合わせによって、電子部品へのダメージや経済的損害を抑える。

DataMan固定式バーコードリーダは特許取得済みの一次元および二次元コード読み取りアルゴリズムで業界をリードする読み取り率を実現し、読み取りの困難な劣化したコードでも読み取ることが可能。

DataMan 8050HD/HDX有線式ハンドヘルドリーダは、一次元バーコードだけでなく、難度の高い二次元ダイレクトパーツマーキング(DPM)コードも確実にデコードするように設計されている。ESD対策された信頼性の高い筐体により非常に過酷な工業環境においても確実なESD保護を提供する。

最新ニュース