東京外環自動車道/上限料金を変更

2018年03月23日 

東日本高速道路(NEXCO東日本)と首都高速道路は3月23日、6月2日の東京外環自動車道(外環道)(三郷南IC~高谷JCT)開通による走行可能区間の延長に伴い、外環道の上限料金を変更すると発表した。

<外環道(三郷南IC~高谷JCT)開通概要図>
外環道(三郷南IC~高谷JCT)開通概要図

<変更料金>
変更料金

東日本高速道路と首都高速道路が実施している外環道迂回利用割引は、対象となる迂回経路が追加となる。

加えて、東日本高速道路は外環道の開通を記念して、ETC2.0車載器の購入助成キャンペーンを実施する。ETCを利用することで、外環道を便利にお得に走行できることになる。

今回の開通で外環道の走行可能区間が延長することに伴い、上限額を現在の750円から1020円に変更する。ETCを利用の場合は、開通済み区間(大泉IC~三郷南IC)の料金に変更はない。

今回の開通区間を含む新たなIC相互間の料金は上限を1020円とする距離に応じた額となる。

ETCを利用にならない場合は、1回の走行につき現在の750円から1020円(一部の料金所を除く)となる。これにより開通済み区間(大泉IC~三郷南IC)の料金所(一部の料金所を除く)では支払額が改定される。

外環道迂回利用割引の対象について、首都高都心環状線と常磐道、京葉道路または東関東道との間を外環道の三郷JCT~京葉JCTまたは京葉JCT~高谷JCTを迂回経路として走行する場合を追加する。

外環道(三郷南IC~高谷JCT)の開通を記念して、より多くの顧客にETC2.0を利用してもらうために、4月1日からETC2.0車載器の購入助成キャンペーンを実施する。

最新ニュース