キャセイパシフィック・カーゴ/医薬品輸送で新たなパートナーシップ

2018年03月23日 

キャセイパシフィック・カーゴ3月23日、厳しい温度管理が要求される航空輸送に使用される定温梱包ソリューションの提供で定評のあるバキュテック社(va-Q-tec)との、新たなパートナーシップの締結を発表した。

5日間以上の定温輸送を実現したバキュテック社の高性能パッシブ型(非電源式)定温コンテナは、人命を救う貴重な医薬品の航空輸送における優れたソリューションを世界各地の荷主へ提供することで、キャセイパシフィック・カーゴの物流プロダクトのひとつである「Pharma LIFT(医薬品輸送)」の拡充をもたらす。

国際航空運送協会(IATA)が策定した医薬品輸送に関する国際品質認証であるCEIVファーマを取得した香港で最初の航空会社であるキャセイパシフィックは、時間と温度の厳格な管理が求められる高価値な医薬品の輸送を迅速、着実、効率的に実行するための取り組みに尽力している。

キャセイパシフィックの貨物サービス部門ジェネラルマネージャーであるフロスティ・ラウは「バキュテック社との提携を通じて、革新的なパッシブ型ソリューションを顧客に直接提供することが実現できたことを大変嬉しく思っている。

電源を使用することなく、数日間にわたって定温輸送を可能にするバキュテック社の高性能パッシブ型定温コンテナは、世界各地へと広がるキャセイパシフィック・カーゴの航空貨物ネットワークと相まって、世界中の顧客に利便性を提供すると確信しています」と述べている。

バキュテック社のアジア地区事業開発責任者であるユ・インスク氏は「医薬品市場は世界中で急速に拡大を続けている。

今回の新たな提携により、多くの顧客はキャセイパシフィック・カーゴから直接、高い信頼性を誇るバキュテック社製コンテナのリースが可能になります」と加えている。

バキュテック社製の定温コンテナは、最大でUSパレット2枚まで搭載可能な計5種類のサイズが用意されており、-60℃から+25℃までの6つの異なる温度帯に対応することで、医薬品やヘルスケア、医療の分野で求められる安全で温度管理された輸送を実現する。

英国バキュテック社のグローバルパートナーマネージャーであるウィル・スタッドン氏は「定温輸送市場に大きく貢献するうえで、キャセイパシフィック・カーゴという強力なパートナーと業務提携を結んだことを嬉しく思っている。品質重視を貫くキャセイパシフィック・カーゴの姿勢は、私どものサービス姿勢と合致しており、今回のパートナーシップは主要医薬品市場におけるバキュテック社の持続的成長を意味するもの。世界各地へと進出するバキュテック社では、とりわけアジア太平洋地域における事業拡大に注力しています」と述べている。

最新ニュース