セイノーHD/フードデリバリーのスターフェスティバルと資本業務提携

2018年03月22日 

セイノーホールディングスは3月22日、フードデリバリーサービスを展開するスターフェスティバルと資本業務提携を締結した。

業務提携は、スターフェスティバルが提供する冷凍弁当の保管と輸送を、セイノーグループで食料品のコールドチェーン(低温輸送)を提供する関東運輸と買い物弱者対策として狭小商圏の宅配サービスを提供するココネットが中心となって実施する。

資本提携では、ココネットがスターフェスティバルの第3者割当増資を引き受けることにより、同社の普通株式を取得。

ココネットは配送力安定化(人材確保)に向けて、盤石なラストワンマイルの「オープン・パブリック・プラットフォーム」を構築し、スターフェスティバルとの物流網のシェアリングを実現する。スターフェスティバルは、“食”のeコマース配送網を構築するため、物流事業会社との連携を実現。

セイノーHDは今年度より取り組む中期経営計画「バリューアップ チャレンジ 2020~成長へのテイクオフ~」で、バリューアップの2本柱の1本として、「オープン・パブリック・プラットフォーム」の構築を掲げている。今回の資本業務提携により、スターフェスティバルが展開する中食・デリバリーの市場を拡大するとともに、将来的にはより多くの飲食店が参入出来る環境を整備することで、新たな価値を創造していくとしている。

今後は、スターフェスティバルが展開する電子商取引で販売されるお弁当をセイノーグループの物流網に組み込み、両社各々が有するネットワークおよび経営資源を相互に活用することでシナジー効果を創出し、顧客に新たなサービスを提供していく。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集