鈴与シンワート/組織変更

2018年03月22日 

鈴与シンワートは3月22日、4月1日付の組織変更を発表した。

グローバル推進部は、これまでオフショア開発・オフショアBPOの統括・推進を軸に、新事業・新商材の開発もミッションとしてきたが、今後は、新事業・新商材に関するビジネスプラン策定および施策実行をミッションの中心とするため、名称を新事業開発部に変更する。

シェアードサービスカンパニー内の組織変更として、総務人事部配下の「人事課」を「人事業務課」に名称変更する。事業部門のスタッフ業務を担う組織として「事業支援部」を新設し、配下に「東京管理課」「大阪管理課」(現大阪事業所大阪管理課)を設置する。大阪事業所を廃止する。

システムインテグレーションカンパニー内の組織変更として、SI西日本事業部配下の大阪ビジネスソリューション部を「大阪ビジネスソリューション1部」と「大阪ビジネスソリューション2部」に分割する。大阪ビジネスソリューション1部は、民間企業、官公庁、自治体向けのシステムインテグレーション全般を担当し、大阪ビジネスソリューション2部は、生産管理やロジスティクス関連分野を中心としたシステムインテグレーションを専門に担当する。

ソリューションカンパニー内の組織変更では、クラウドサービス事業部を「ITサービス基盤事業部」に名称変更し、配下に「営業部」を新設する。ITサービス基盤事業部は、データセンターサービス「S-Port」、クラウドサービス「S-Portクラウド」の提供を通じて培った実績とノウハウを武器に、今後は、顧客のニー
ズに合わせてITサービス基盤を企画・設計・構築から保守・運用までトータルで担うことをミッションとしていく。また、事業部内にあった営業機能を他の事業部と同様に「営業部」として独立させる。

また、ソリューションサービス事業部配下のパッケージソリューション部を「パッケージソリューション1部」と「パッケージソリューション2部」に分割する。

パッケージソリューション1部は、コンテンツ管理システム(CMS)やグループウェア、WebメールなどのWebソリューション分野を担当し、パッケージソリューション2部は、会計ソリューションおよびワークフローシステム関連のビジネスを担当する。

最新ニュース

物流用語集