自動で車線変更を行う自動ハンドル操作/国際基準が新たに成立

2018年03月20日 

国土交通省は3月20日、国連の自動車基準調和世界フォーラムで、自動で車線変更を行う自動ハンドル操作に関する国際基準が新たに成立したと発表した。

本基準においては、システムの状態を運転者に示すこと、運転者のハンドル操作を優先すること、車線変更する先の車線の後方接近車両と自車との車間距離が十分でない場合は自動車線変更を開始しないこと等が規定されており、今年10月頃に発効する見込みで、日本も関係法令を改正し採用を予定している。

自動運転分科会においては、レベル4も想定した非常に高度な自動運転車の認証方法について、検討を開始することが合意された。

レベル4も想定した非常に高度な自動運転車の認証においては、従来の物理的な試験に加え、自動車メーカーによるシミュレーション等の確認及び実走行試験の実施の必要性が合意され、タスクフォースを設置して詳細な検討を進めることが合意された。

最新ニュース