グローリー/手荷物用ロッカーを宅配用にも利用可能なソフトウエア開発

2018年03月20日 

グローリーは3月20日、従来から駅に設置している手荷物用ロッカーを宅配用ロッカーとしても利用できる制御部のソフトウエアを新たに開発し、2月末より販売を開始したと発表した。

ロッカー

従来の駅設置の手荷物用ロッカーは、宅配受取機能を追加する場合、それ専用のロッカーを追加設置する必要があり、手荷物用と宅配受取用のどちらにも使えるロッカーではなかった。

新たに開発したソフトウエアは、同じロッカーを手荷物用・宅配受取用のいずれの用途にも使用を可能にした。

利用者にとっては利便性が、設置者にとっては稼働率が高まるメリットが生まれる。

当該ロッカーはJR西日本の新大阪、三ノ宮、高槻の各駅と東武鉄道の和光市、朝霧、鶴瀬、鶴ヶ島、坂戸の各駅への設置を皮切りに全国の鉄道駅に展開を図っていく。

宅配受取としては、日本郵便が展開する宅配ロッカー「はこぽす」 として利用できる。

■問い合わせ
グローリーサービス
営業統括部 事業企画部
TEL:03-5687-2888

最新ニュース