JR西日本/駅のロッカーで宅配受取サービス、試行開始

2018年03月20日 

JR西日本グループの関西ステーションサービスは3月26日、手荷物預かりと宅配受取が両方できるIC対応ロッカーの運営を試行開始する。

設置するのは、高槻駅、新大阪駅、三ノ宮駅。

同社グループでは、宅配受取専用のロッカーの設置を進めており、これまでに25駅に設置している。

今回、グローリーが新たに開発した、手荷物用と宅配受取用のどちらにも使えるロッカーを試行的に設置、導入する。

このロッカーは、日本郵便が展開する宅配ロッカー「はこぽす」として利用できる。

利用実績等を踏まえながら、今後、拡大展開を図る予定。

最新ニュース