宇部マテリアルズ/タイに製造工場建設を決定

2018年03月19日 

宇部マテリアルズは3月19日、タイ・ラヨーン県にある、UBE Chemicals (Asia) Public Company Limitedの拠点内での塩基性硫酸マグネシウム「モスハイジ」製造工場建設を決定したと発表した。

新工場の設備能力は 1500t/年。2018年4月着工・2019年8月完工の予定。生産開始となる2019年9月に、宇部マテリアルズはグローバルで 4500t/年の能力を持つことになる。

モスハイジは、自動車の軽量化に寄与する樹脂添加剤。地球温暖化対策や CO2排出量削減を背景とした世界的な自動車軽量化ニーズの高まりを背景にモスハイジの需要は拡大しており、2012年・2015 年と二度の増強工事を経て現在の生産能力は 3000t/年。

モスハイジは現在、山口県宇部市の工場で一極生産しているが、今後も見込まれる需要増や海外顧客である樹脂コンパウンドメーカー等の現地調達ニーズに対応するため、アジアでの自動車産業の中心であるタイで工場を建設する。

■建設する工場の概要
建設予定地:タイ・ラヨーン県
(UBE Chemicals (Asia) Public Company Limited 拠点内)
事業内容:化学品(塩基性硫酸マグネシウム)の製造
着工:2018年4月
完工予定:2019年8月
生産開始予定:2019年9月
生産能力:1500t/年

最新ニュース