ヤマト運輸/フルタイムで入社するセールスドライバーはすべて正社員採用

2018年03月16日 

ヤマト運輸は3月16日、5月から新たにフルタイムのセールスドライバー(SD)として入社する社員のすべてを正社員として採用すると発表した。

これまで、正社員への登用を前提に契約社員としてフルタイムのSDを採用してきた。

社内にチャレンジ制度を設け、自主的・自発的な行動や、他の社員を取り纏めることができる等の選考要件を見極めた上で、おおむね入社後2年程度で正社員へ登用してきたが、より積極的に採用活動を行い、社員が安心して働ける環境を整備していくため、5月16日以降に入社するSDについては、正社員として採用する。

在籍中のSDを含むフルタイムの有期労働契約の社員(契約社員)約5000人についても、本人が希望すれば正社員を選択できるよう人事制度を改定する。

新規採用時の正社員採用を受け、現在在籍しているフルタイムの契約社員のSD約3000名のうち、社員本人が希望する場合、正社員に登用する。

SD以外の事務や作業を担当するフルタイムの契約社員のうち、社内で一定の基準を満たした約2000名についても、社員本人が希望する場合、正社員に登用する。

なお、今後、「働き方改革」を経営の中心に据え、引き続き労働環境の整備などを行うとともに、新たな人材の採用に向けた人事制度の見直しなどを労使一体となって進めていく。

最新ニュース