日通/石井国土交通大臣が物流博物館を視察

2018年03月16日 

日本通運は3月16日、石井国土交通大臣が東京都港区の3月3日に物流博物館を訪れ、館内の物流に関する展示を視察したと発表した。

<館内を見学>
館内を見学

<左から日通副社長竹津、石井国土交通大臣、重田物流審議官、木村物流博物館副館長>
左から日通副社長竹津、石井国土交通大臣、重田物流審議官、木村物流博物館副館長

当日は、物流博物館副館長の木村氏と日通副社長の竹津が同館の概要説明を行い、物流博物館主任学芸員の玉井氏が物流の歴史や現代の物流産業に関するさまざまな展示を案内し、物流に対する理解を深めた。

なお、物流博物館は、利用運送振興会によって運営されている日本で唯一の物流専門の博物館。1958年に日通本社ビル内に創設された通運史料室を前身とし、物流を広く一般にアピールすること、次代を担うこどもたちに楽しく関心を持ってもらうことを目的に現在の場所に1998年、開館した。

同館には、江戸時代以降の交通運輸にかかわる文書史料約6000点、美術工芸資料約200点、実物資料約1000点、写真資料約10数万点、映像資料約200点など、ほかに類を見ない特徴的で貴重なコレクションが収蔵されているが、その多くが日通の寄贈・所有によるもの。

最新ニュース