森六HD/30億円投じ、香川県東かがわ市に工場建設

2018年03月15日 

森六ホールディングスは3月15日、子会社の四国化工の新工場(本社第2工場)を建設すると発表した。

四国化工はケミカル事業に属する四国化工では特殊な技術と品質管理により、様々な樹脂素材を組み合わせ、機能的なフィルムを製造。

その中でも、現工場(白鳥工場)では付加価値の高い機能性医療用フィルムを製造しているが、設備の老朽化や生産能力に課題があるため、新製法の採用、生産能力の増強、品質の更なる向上、生産の効率化等を目的に、現工場の生産機能を統合・集約した新工場(本社第2工場)建設を決議したもの。

■取得資産の内容
名称:四国化工 本社第2工場(仮称)
所在地:香川県東かがわ市西山431-6
建築面積:約5000m2
内容:第2工場建屋建設
   機能性医療用フィルム製造設備の設置
取得額:約30億円
    (金額については変動の可能性がある)
資金計画:自己資金及び借入金等により充当
完成後の増加能力:36%増加
工事着工:2018年4月(予定)
竣工:2019年4月(予定)
工場稼働:2019年6月(予定)

最新ニュース