日通/中国最大の港湾運営会社と業務提携

2018年03月14日 

日本通運は3月14日、日通の東アジアブロックが、中国最大の港湾運営会社である上海国際港務(集団)(SIPG)傘下の上港集団物流(SIPGL)と1月22日に業務提携の覚書を締結したと発表した。

<SIPGLの劉総経理(左)と杉山常務執行役>
SIPGLの劉総経理(左)と杉山常務執行役

<会談の様子>
会談の様子

SIPGLは、SIPGグループの中核物流会社で、上海に約40万m2の倉庫を所有している。

グループ内に船社を持つSIPGのリソースを利用し、港湾と海上輸送を組み合わせた、高度な輸送サービスを提供している。

中国は、「一帯一路」政策による鉄道輸送の拡大や旺盛な内需を背景としたe コマースの伸長など物流事業の環境は大きく変化している。

SIPGグループと日通は、長年にわたる協力関係はあったが、環境の変化に対応し両社の事業拡大のため、業務提携したもの。

業務提携を通じて、両社はフォワーディング業務、eコマース、倉庫事業、複合輸送商品の開発、CO2 削減を目指したコンテナラウンドユースへの取り組み、両社の研修やセミナーに参加できるような人材交流など、幅広い分野で協力し相互の発展を目指す。

最新ニュース