日本ロジスティクスファンド/1月期の売上高10.8%増、営業利益11.6%増

2018年03月13日 

日本ロジスティクスファンド投資法人が3月13日に発表した2018年1月期決算によると、売上高88億5700万円(前年同期比10.8%増)、営業利益45億4100万円(11.6%増)、経常利益40億4900万円(10.1%増)、当期利益40億4800万円(10.1%増)となった。

2017年9月に横浜町田物流センター(取得価格254億5200万円)を2017年10月に高槻物流センター(取得価格15億5900万円)を取得するとともに、2017年8月にはOBR第4弾として、建設会社と協同投資案件として進めてきた再開発物件である春日井物流センター(建物、取得価格26億7000万円)を取得した。

また、2017年9月には建設会社との協同事業である八千代物流センターIIIの開発を開始し、竣工後に取得する。

2019年1月期は、売上高91億2700万円(0.4%増)、営業利益46億800万円(1.2%増)、経常利益41億6500万円(1.1%増)、当期利益41億6400万円(1.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集