国交省/女性ドライバーが運転しやすいトラックで検討会

2018年03月13日 

国土交通省自動車局貨物課は3月14日、第1回「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会」を開催する。

全日本トラック協会と共同で、検討会を設置し、女性等のトラックドライバー等の視点に立った車両のあり方に対する議論を進め、最終的にはガイドライン(仮称)を取りまとめ浸透を図ることによって、働きやすい労働環境を整備し、女性等のトラックドライバーの人材の確保・育成を推進していく。

トラック運送事業は、日本の産業活動や国民生活の基盤を支える重要な産業だが、一方で、トラックドライバーの有効求人倍率は、2.76倍(2018年1月時点で全産業平均1.8倍)と、他の産業に比べ人手不足が深刻な状況。

また、トラックドライバーについては、女性の就業割合が低く(2.5%)、高齢層の割合が高く、若年層の割合が少ない状況にあり、平均年齢も上昇している状況にある。

将来の担い手の確保や現在勤務しているドライバーが引き続き働きやすい環境を維持することが、日本における物流サービスの継続的な提供に資することとなるため、女性を始めとする多様な人材の確保のための環境整備は必要不可欠としている。

今後の予定は、11月目処に最終取りまとめ(ガイドライン(仮称)の作成)の予定。

最新ニュース