京都の中村重量/破産手続き開始決定

2018年03月13日 

帝国データバンクによると、中村重量(資本金2300万円、京都市右京区嵯峨石ケ坪町1、登記面=京都市右京区太秦前ノ田町28-8、代表中村秀雄氏)は3月1日、京都地裁より破産手続き開始決定を受けた。

同社は、1963年8月に創業、88年(昭和63年)11月に法人改組。京都府を主な営業エリアに、木材や機械など重量物の運送を手がけ、2004年3月期には年収入高約1億2100万円を計上していた。

しかし、近年は同業者との競合が激しく、受注の減少から収益悪化を余儀なくされ、債務超過に陥るなど厳しい運営を強いられていた。

このため、事業資金を借り入れでしのいでいたが、資金繰りも限界に達し、先行きの見通しが立たなくなったことから、2017年8月10日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入っていた。

負債は債権者約27名に対し約1億円。

最新ニュース