伊藤忠/千葉・東京で新たに5物件の大型物流施設を開発

2018年03月13日 

伊藤忠商事は3月13日、千葉県と東京都で新たに5物件の物流施設の開発を決定したと発表した。

<新規開発物件>
新規開発物件

<アイミッションズパーク市川塩浜物流・外観イメージパース>
アイミッションズパーク市川塩浜物流・外観イメージパース

これにより完成済み物件を含めると12物件、プロジェクト総額は約1200億円(いずれも売却済物件を除く)に達し、順調に資産の積み上げを進めている、としている。

伊藤忠商事は、2004年以降、特定顧客やグループ会社向けのBTS型物流施設の開発を中心に数多くの物流不動産開発に取り組んでいる。総合商社として有する多岐にわたるビジネス領域において、約10万社におよぶ取引先ネットワークやグループ会社網等を活用して得られる顧客の物流ニーズに対し、物流拠点戦略へのサポートや、高品質な物流施設計画・開発、様々な関連サービスの提供等の機能を発揮してきた。

関連サービスの提供については、総合商社として多岐にわたるビジネス領域や商流に携わっている強みを活かし、物流オペレーション機能、建物管理、物流設備・機器、物流倉庫管理システム、梱包資材・包装資材の提供等、顧客の幅広いニーズに応えるもの。

物流の市場や仕組みが急速に多様化している中、総合商社として様々なソリューション機能を提供できることは強みと捉えている。

これらの機能・ノウハウ並びに、幅広いグループ会社・取引先による顧客ネットワークは、強みを持つBTS型物流施設のみならず、近年、取組みに着手したマルチテナント型物流施設においても活用可能と考えている。

2015年に、物流不動産開発を手掛ける建設部隊と、物流オペレーションを手掛ける物流部隊が統合し、建設・物流部門が発足している。これにより、ユーザー視点に基づいた施設計画・商品企画・ソリューション等の機能がより一層発揮できるようになった。

また、部門の傘下には、不動産開発会社、建物管理会社、物流オペレーション会社、アセットマネジメント会社を抱える等、グループの総合力を発揮しながら事業を推進する体制となっている。

最新ニュース