デルタ航空/ブルートゥースを使ったリアルタイム追跡システム導入

2018年03月09日 

デルタ航空は3月7日、貨物部門のデルタ・カーゴが、ブルートゥース(Bluetooth)技術を使用した新たな追跡(トラッキング)システムを導入し、米国の旅客便運航会社として初めて、 輸送用コンテナ(ULD=Unit Load Device)のリアルタイム追跡サービスを提供すると発表した。

<デルタカーゴ積み込みイメージ>
デルタカーゴ積み込みイメージ

デルタ航空は、2016年に大手航空会社で初めてブルートゥース追跡テクノロジーをテスト導入し、その後読み取り機(リーダー)を23か所に導入した。2018年末までには6大陸200以上の空港に1400以上の読み取り機を配備し、デルタ・カーゴが取り扱う全てのULDで、最新の追跡システムを利用できるようになる。

年間50万トン超の貨物を取り扱うデルタ・カーゴにとって、この新システムの導入は画期的であり、これまで手動で行っていた航空貨物、手荷物、郵便物などを積んだ輸送用コンテナ類(ULD)の追跡が、すべて自動でできるようになる。

リアルタイムのULD追跡情報により、デルタ航空の貨物管理センターでは、より正確に貨物の位置を把握することができ、悪天候などで遅延や欠航が発生した場合に輸送ルートを変更するなど、迅速に対応できるようになる。

新システム導入後は、ULDの引渡しの際に必要な、国際航空運送協会(IATA)により義務付けられている電子管理レシート(electronic unit control receipts)を発行できるようになる。デルタ航空は顧客取引で完全に自動化されたソリューションを提供する初の航空会社となる。

なお、 最近発表した緊急性の高い貨物向けの輸送サービス「Equation Critical」を含め、 現行のGPSを使った貨物追跡サービスは、米国内線および国際線で運航しているナローボディ機材とワイドボディ機材において引き続き利用できる。

最新ニュース

物流用語集