尾家産業/ダイナベースの1階に新東京支店入居

2018年03月07日 

日本自動車ターミナルは、京浜トラックターミナル(大田区平和島)で建設中の高機能型物流施設「ダイナベース 」の1階部分に、尾家産業の新東京支店が入居すると発表した。

<ダイナベースの完成予想図>
ダイナベースの完成予想図

尾家産業は、総合食品商社で、東京支店を今年9月に移転、拡充する。

現支店の近くに立地し、災害に強い免震構造に加え、72時間対応の非常用自家発電を完備、東京都の広域輸送基地である京浜トラックターミナルに位置し、充実したアメニティ、40ft コンテナ車に対応していることなどを高く評価した。

これらの高機能を有する東京支店を新築する事で、円滑な食品供給が期待できる。

日本自動車ターミナルは、引き続き、都内4か所のトラックターミナルにおいて、積極的な施設整備を展開する。

現在、葛西トラックターミナルでは、オーダーメイド型物流施設の建設に向けてパートナー企業を募集しており、2021年着工を目指して板橋トラックターミナルの全体再開発の計画を策定する。

■尾家産業 東京支店の概要
所在地:東京都大田区平和島2-1-1 京浜トラックターミナル内「ダイナベース」1F
建坪:4,053坪(冷凍庫 746坪、冷蔵庫976坪仕分エリア含む、常温庫630坪、事務所123坪、他)
温度帯:冷凍(-18℃、-25℃)2温度、冷蔵(5℃、10℃)2温度帯、ドライ(定温)
設備:ドックシェルター58基、DAS(Digital Assorting System)、VS(Voice System)
アクセス:東京モノレール流通センター駅 徒歩8分、首都高速羽田線平和島インター500m

最新ニュース