UPS/環太平洋パートナーシップ(TPP)協定で声明

2018年03月07日 

UPSのアジア太平洋地域プレジデントであるロス・マッカローは3月7日、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定について声明を発表した。

「UPSは、包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)(いわゆるTPP11)の参加11が国が、同協定に合意したことを祝福する。同協定は、アジア太平洋地域にとって、同地域の企業に新規市場と新規顧客にアクセスする新たな機会をもたらす喜ばしい進展です」と高く評価した。

さらに「CPTPPにより、越境通関における障壁が解消し、最新のEコマースのフレームワークが構築され、地域内貿易の重要な先例を作る高い水準のルールが確立されます。CPTPPの正式な署名を受けて、UPSは、大企業から中小企業まで、あらゆるお客様に、同協定がもたらすメリットについての理解を深めるため、そしてビジネスの競争力を高めるためのサポートを提供します」と述べている。

最新ニュース

物流用語集