東洋製罐/タイに90億円投じ、新工場建設

2018年03月07日 

東洋製罐グループホールディングスは3月7日、子会社のBangkok Can Manufacturingが、タイに新工場を建設すると発表した。

90億円を投じ、敷地11.2万m2、建築面積3.4万m2の規模で、2019年5月稼働を予定している。

タイと周辺国における飲料市場の需要は堅調に推移しており、今後も成長を維持する見込み。

飲料用空缶の需要増に対応するために設備の増設を検討していたが、同社の既存工場には十分な増設スペースがなかったことなどから、タイに新工場を建設する。

新工場の概要
所在地:タイ アユタヤ県 ロジャナ工業団地内
生産品目:飲料用空缶(アルミ2ピース缶)

最新ニュース

物流用語集