Hacobu/物流拠点でのトラック納品時の待機削減を実現

2018年03月06日 

Hacobuは3月6日、クラウドベースの物流情報プラットフォームMOVO(ムーボ)上で、 物流拠点への納品車両・納品バース情報を一元管理するソリューションを2月26日に開発・提供開始したと発表した。

<MOVO納品車両・納品バース情報管理ソリューションの概要>
MOVO納品車両・納品バース情報管理ソリューションの概要

開発したソリューションは、多くの物流拠点で納品時のトラック待機が常態化しているのは、 納品車両の動きを適切にコントロール出来ていない点が大きな要因。

Hacobuのソリューションは、納品事業者側と受入事業者側の協力関係をベースに、納品車両情報の事前共有および納品予定バースの自動割当から、納品当日における物流拠点側での受付・誘導業務までを一貫してオンラインで提供する。

必要な機能をピックアップして、クラウドベースで利用でき、一物流拠点あたり最低月額2万円から導入できる。

Hacobuの納品車両・納品バース情報管理ソリューションは、単に現場業務にITを導入して、現場スタッフの業務負荷を減らす効果のみを目指したものではない。

最終的には、時間ごとの納品物量の平準化を実現し、トラック待機時間を抜本的に削減することを目指す。

現場の状況によっては、事業者主導で行われる発注管理・在庫管理業務の改善といった取り組みとの連携も必要になる。

そのような場合であっても、問題の全体像に常に関心を持ちながら、納品事業者、受入事業者、運送事業社、各種ITベンダーといった様々なステークホルダーと協力し、サプライチェーン最適化の一端を担っていく。

これらにより、物流拠点での時間ごとの納品物量の平準化により、トラック待機時間を抜本的に削減する事を目指す。Hacobuの具体的なソリューション・構想に対して、 日本トップクラスの大手流通事業者の賛同を得、 一部導入を開始した。

Hacobuはトラックバース管理という目に見える課題への取り組みをきっかけとして、物流情報のデジタル化と社会全体での物流資産の効率活用に向けて、物流情報プラットフォームへの参加事業者を、業界の枠を超えて拡大していく、としている。

最新ニュース