JICA/ブルキナファソ向け初の円借款貸付、域内の物流活性化に貢献

2018年03月05日 

国際協力機構(JICA)は3月5日、アフリカのブルキナファソの首都ワガドゥグで、ブルキナファソ政府との間で同国に対する初の円借款となる「グンゲン‐ファダングルマ間道路整備事業」を対象として56億5900万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印したと発表した。

<対象地域地図(赤色線部分が西アフリカ成長リング回廊、青色線部分の一部が本事業対象)>
対象地域地図(赤色線部分が西アフリカ成長リング回廊、青色線部分の一部が本事業対象)

<対象区間地図(青色線のうち実線部分が本事業対象区間)>
対象区間地図(青色線のうち実線部分が本事業対象区間)

ブルキナファソ東部のグンゲンからニジェール国境までの国際回廊(約217km)のうち、グンゲン‐ファダングルマ区間(約50キロメートル)の幹線道路を舗装と拡幅をする。

同国を含む西アフリカ地域の内陸国における物流の円滑化を図り、西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA)圏の域内統合・経済振興・貧困削減を促進することを目的としている。

この件にかかる貸付資金は、対象道路の舗装にかかる土木工事に充当される。アフリカ開発銀行との協調融資。

対象道路が走るブルキナファソの東部州と中央東部州では、住民の大半が農林畜産業に従事しており、綿花、ゴマ、玉ねぎ、トマトなどが生産されている。

特に同国の主要産品である綿花は、ファンダングルマやワガドゥグの綿花工場に運ばれ、加工された後、西アフリカ沿岸諸国の国際港から輸出されている。

ワガドゥグへつながる幹線道路は、この事業の対象区間であるグンゲン‐ファンダングルマ区間を含め、1980年代に整備されて以降、大規模な改修が行われておらず、舗装などの損傷が進んでおり、通行や農産品の流通に支障をきたしている。

ワガドゥグと同国東に位置するニジェールの首都ニアメ、ワガドゥグと同国南に位置するベナンの首都コトヌを結ぶ国際回廊上に位置する交通の要衝であり、交通需要が年々増加し、今後も引き続き増加が予想されることもあり、この道路の舗装・拡幅が急務となっている。

同地域での道路インフラ整備の遅れは、ブルキナファソのみならず、東に位置する内陸国ニジェールの経済発展を阻害する要因の一つともなっている広域的な課題であることから、アフリカ開発銀行や欧州連合(EU)もこの国際回廊の整備を支援している。

最新ニュース