京セラ/55億円投じ、鹿児島川内工場に新工場棟建設

2018年03月05日 

京セラは3月2日、セラミックパッケージなどの増産に伴う生産スペースの確保を目的に、鹿児島川内工場に新工場棟(20工場)を建設すると発表した。

<新工場棟(20工場)完成予想図>
新工場棟(20工場)完成予想図

今後、地元行政である鹿児島県薩摩川内市と立地協定を締結し、4月から新工場棟の建設を開始する予定。

新工場棟では、2019年8月より、SMD(電子部品用表面実装)セラミックパッケージ、CMOSセンサー用セラミックパッケージなどの生産を順次開始し、将来的には、これら製品の生産能力を現状の約25%アップする計画。

セラミックパッケージ以外の製品においても市場状況等を判断しながら、同工場棟での増産を検討していく。

現在、IoTの進展に伴うビッグデータ、AIの活用などの高度情報化社会の到来に加え、ADAS(先進運転支援システム)や患者の負担軽減をはかる低侵襲医療の進化などにより、エレクトロニクス産業は今後も、さらに発展していくものと予想されている。

新工場棟では、これら旺盛な需要に対応していくため、世界トップシェアを有するSMDセラミックパッケージやCMOSセンサー用セラミックパッケージの増産に加え、今後、特に成長が期待される車載や医療向けのパッケージなどの生産にも対応していくとしている。

■新工場の概要
名称:京セラ 鹿児島川内工場 20工場
所在地:鹿児島県薩摩川内市高城町1810
投資総額:約55億円
建築面積:8235m2(鉄骨、6階建)
延床面積:4万2283m2
着工:2018年4月
操業:2019年8月
生産品目:SMDセラミックパッケージ、CMOSセンサー用パッケージなど
生産計画:約38億円(初年度:2019年8月~2020年3月)

最新ニュース