国交省/新型航空保冷コンテナ(試作品)の試験輸送

2018年03月02日 

国土交通省は3月2日、新型航空保冷コンテナ(試作品)の試験輸送を実施すると発表した。

<新型航空保冷コンテナ(試作品)試験輸送実施概要 輸送工程>
新型航空保冷コンテナ(試作品)試験輸送実施概要 輸送工程

国交省では、農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標の達成に向けて、地方産地から海外までのコールドチェーンの構築のため、今年度から「交通運輸技術開発推進制度」を活用し、新型航空保冷コンテナの研究開発を実施してきた。

試験輸送は、蓄冷式航空保冷コンテナ(試作品)とドライアイス冷媒式航空保冷コンテナ(既存品)の温度データを実運用に近い条件で収集し、保冷性能を比較する。

■実施概要
日時:2018年3月6日(火)~8日(木)
路線:(往路)羽田空港→那覇空港→香港国際空港
   (復路)香港国際空港→那覇空港→羽田空港
実施者:東プレ、トプレック、ヤマト運輸

最新ニュース

物流用語集