商船三井/自動車船向けの最新積み付けシステム導入

2018年03月02日 

商船三井は3月2日、自動車船向けの積み付けシステム「MOL-CAPS」の新バージョンを導入したと発表した。

<FLEXIEシリーズの多様なデッキ構成に対応したリフタブルデッキプランの画面イメージ デッキの高さに応じて背景色を変えることで、視認性が向上>
FLEXIEシリーズの多様なデッキ構成に対応したリフタブルデッキプランの画面イメージ デッキの高さに応じて背景色を変えることで、視認性が向上

MOL-CAPSは、自動車船の航海ごとに、船内構造や輸送する車輌の種類、寄港地などの組み合わせを考慮して、どの車輌を船内のどの場所に積み付けるかを定める「積み付けプラン」を作成するシステム。

商船三井では1999年からMOL-CAPSを導入しており、この新バージョンは、2018年3月から順次竣工する次世代型自動車船FLEXIEシリーズに対応する。

従来の自動車船よりもリフタブルデッキの高さ設定の自由度を高めたFLEXIEシリーズの新デッキ構造を最大限に活用した、最適な積み付けを可能とする。

新バージョンでは、商船三井が50年以上掛けて蓄積している自動車船の貨物積み付けノウハウをベースとした、処理速度の速い積み付け機能を有する。

グローバルに導入しているブッキングシステムと連携させ、国内外の事務所や積港現場でも利用できる。

常に最新の状況に応じた積み付けプランの作成が可能となり、すべての積港で最適な積み荷役を実現する。将来的には、船上での利用も視野に入れている。

最新ニュース