モノフル/物流向けテレマティクスサービスで、異業種3社と業務提携

2018年03月01日 

モノフルは3月1日、物流向けテレマティクスサービスの展開に向けて、スマートドライブ、あいおいニッセイ同和損害保険と、業務提携を開始したと発表した。

<参考図>
参考図

モノフルは、グループ会社の日本GLPが物流施設のデベロッパーとして蓄積した物流業界のノウハウや顧客ネットワークを活用し、テレマティクス向けサービスプラットフォームを提供するスマートドライブとともに、物流向けのサービスを開発・展開する。

スマートドライブの取り付け工事不要な車載デバイスを装着することで、リアルタイムで全ての車両の状態を把握することができ、トラックドライバーの労務管理だけでなく、モニタリングによる配送品質の向上、特許出願中の「G-Force安全運転診断」機能による危険運転削減など、物流業界の課題解決に寄与する。

加えて、あいおいニッセイ同和損保が提供する自動車保険との連携や、マッチング・シェアリングの観点に基づいたサービスの提供など、様々な角度から物流業界をサポートしていく。

大手ガソリンスタンド運営会社とも提携協議中で、各社が持つ物流・運送企業との豊富なネットワークを活用し、サービス提供していく。

スマートドライブとは戦略的パートナーとしての関係を強固にすべく、資本業務提携も予定している。

トラックの動態データを収集、分析するだけでなく、トラックドライバーの負荷を軽減し、配送ルートの効率化や到着時間予測による荷待ち時間の削減、積載率向上を目指した荷物とトラックのマッチングなど、現在の物流業界が抱える数々の問題を解決するため、協業してサービス開発・提供を進める。

今回の業務提携を皮切りに、モノフルでは今後もスタートアップ企業を含む様々な業種の企業と協業することにより、新しい物流を創りだすロジスティクス・エコシステムの実現を目指す。

モノフルは、先日本GLPのグループ会社の出資により2017年11月に設立し、社名には、「物(mono)であふれている(full)」という物流の現状を表す意味に加え、同社が目指す未来の物流の姿である「単一の(mono)プラットフォームで遂行させる・実行する(fulfill)」という意味を込めたという。

■モノフル
https://monoful.co.jp/

■モノフルの会社概要
代表者:帖佐義之
所在地:〒105-7134 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター34階
設立:2017年11月
事業内容:各種情報の収集及び分析、情報提供サービス、コンサルティング、商品の企画・開発及び販売、不動産賃貸・管理

最新ニュース

物流用語集