日本GLP/ロジスティクス・エコシステム構築で新会社設立

2018年03月01日 

日本GLPは3月1日、グループが100%出資するモノフル(東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之)を設立し、現在の物流をより快適にし、効率化を推進するロジスティクス・エコシステムの実現を目指すと発表した。

先進的物流施設の開発・提供に留まらず、物流企業などのサプライチェーンを担う企業や様々な業種の企業と協業し、労働力不足や配送の効率性といった社会問題を解決すべく、テクノロジーを用いたソリューションを提供するプラットフォームを構築し、幅広くサービスを提供することを目的として、モノフルを設立した。

第一弾のプロジェクトとして、モノフルは、テレマティクス向けサービスプラットフォームを提供するスマートドライブ、あいおいニッセイ同和損害保険との業務提携を開始した。

これは物流向けのテレマティクスサービスだけでなく、自動車保険を提供する損害保険会社や現在提携協議中の大手ガソリンスタンド運営会社といった運送企業に関連が深いパートナーと協業することで、より多角的なサービス展開を目指す。

日本GLPの帖佐義之社長は、「日本GLPは先進的物流施設の開発・運営の牽引役として業界とともに成長して参りました。環境の変化に先んじて、様々な業態を横断する機能を持つべく『事業企画部』を2017年に立ち上げ、その最初の一歩としてモノフルを設立し、新たなビジネス分野に参入いたしました。これからの物流を引き続きハード面でサポートしていくことに加え、ソフト面でも物流施設に付随する現サービス体系とは別次元でプラットフォームを確立し、今後も複合的なロジスティクスソリューションを提供していきます」と述べている。

最新ニュース

物流用語集