YKK AP/住宅用商品など2~20%値上げ、運賃上昇の影響も

2018年03月01日 

YKK APは3月1日から順次、住宅用商品・エクステリア商品などの一部商品について価格改定を実施する。

アルミ地金など各種原材料の高騰や、運賃・電力・副資材単価の上昇により、生産コストに多大な影響を及ぼしたため。

エクステリア商品の一部は3月1日受注分から約10~20%、住宅用商品の一部は5月1日受注分から約10%、YKK AP製複層ガラスの一部は6月1日受注分から約10%、ガラス組み込み窓完成品の一部は6月1日受注分から約2~5%値上げする。

最新ニュース