三菱ふそう/インドネシアで新型中型トラック「ファイター」発表

2018年03月01日 

三菱ふそうトラック・バス(以下:MFTBC)は、インドネシアのジャカルタで開催された「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・コマーシャル・ビークル・エクスポ」において、新型中型トラック「ファイター」を発表した。

インドネシア全体のインフラ整備が進んだ結果、同市場では中型トラックに対する需要が増大している。

新型「ファイター」の投入は、この需要増大への対応を目指すもので、ジャカルタで開催された商用車に特化した初のモーターショーの会場において、中型トラックのファイターを発表した。

インドネシア市場向けの「ファイター」には、自動調整式エアサスペンションシートなど、最高の快適性を実現する機能が搭載されている。

インテリアとエクステリアには人間工学に基づくデザインを施し、日本市場向けの最新車種と同様に、スマートな収納機能とアクセスが容易な湾曲型コックピットを採用した。

さらに、現地販売代理店のP.T. Krama Yudha Tiga Berlian Motors(KTB社)のランナーテレマティクスを標準装備し、ノートパソコンやタブレットPC、携帯電話から保有車両の管理・監視が容易に行える。

同システムは、リアルタイムでの監視、メンテナンスを含む車両管理などの機能があり、MFTBCは、ノンストップなカスタマーサービスを提供するため、24時間対応コールセンターとライブチャットメッセンジャーでアフターサービスの強化を図っていく。

今後3年以内に、各種ホイールベース、車両総重量(GVW)16/26トン、出力240/270馬力を組み合わせた、合計16のバリエーション(4×2、6×2、6×4)の中から車種の選択が可能になる。

現在、インドネシアの現地状況にあわせ、多岐にわたる車両試験を実施している。

「ファイター」は、日本のMFTBCからノックダウンキットとして出荷され、東ジャカルタ市のPT Krama Yudha Ratu Motor(KRM)工場において現地組み立てを行う。

ダイムラートラック部門はインドネシア市場で、2017年42,700台と前年比52%増の販売を拡大している。

最新ニュース