NEC、日本気象協会/「卸・物流」企業の在庫の最適化で協業

2018年02月28日 

日本電気(NEC)と日本気象協会(JWA)は2月28日、多様な業種・業界での製造、卸・物流、販売のバリューチェーン全体で需給を最適化するビジネスで、ビジネスパートナーとして協業すると発表した。

<需給最適化の概要>
需給最適化の概要

このビジネスで活用するデータ流通基盤「需給最適化プラットフォーム」は、NECが「NEC the WISE IoT Platform」上に構築し、今年7月から提供開始する。

第一弾として、本基盤を食のバリューチェーンに適用する。

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用した需要予測結果や在庫情報、販売実績をユーザ企業と共有することで、個々の企業だけでなくバリューチェーン全体の需給を最適化し、社会課題である”食品ロス・廃棄”の解決に貢献する。

基盤は、さまざまなデータ事業者から提供される情報(気象情報、オープンデータ、等)や、バリューチェーンを構成する企業のデータを相互活用し、これまで企業ごとに行っていた需要予測精度の向上を実現する

「製造」企業の在庫・生産の適正化や、「卸・物流」企業の在庫の最適化、リソースの効率化、「販売」企業の発注の適正化等、食のバリューチェーン全体の最適化を図る。

JWAは、商品需要予測に関するコンサルティング実績を背景に、「需給最適化プラットフォーム」でのデータ解析の基礎となる気象データの提供や、それらを活用した商品需要予測サービスの提供を共に推進していく。

基盤の更なる精度向上に向け、両者は今年1月から飲料の需給最適化を行う実証実験を実施している。

実証実験を通じて、将来的には、JWAが持つ気象データやデータ解析技術とNECのAI技術を用いて、需要予測から需給計画、生産計画、発注計画、在庫配置などの業務システムとの連携を見据えたシステムの構築も検討している。

今後、企業の持続的成長や地球との共生に対しAI・IoTの先進ICTを活用し、人・モノ・プロセスをつなぎ合わせる「バリューチェーン・イノベーション」により、新たな社会価値を創造していく。

最新ニュース

物流用語集