郵船ロジスティクス/東日本輸出・輸入営業本部 組織改編

2018年02月28日 

郵船ロジスティクスは2月28日、東日本輸出営業本部、東日本輸入営業本部を4月1日付で再編し、顧客のニーズを深く理解したソリューションビジネスとマーケティング機能の強化を図るために東日本第一営業本部、東日本第二営業本部として営業を開始すると発表した。

改編のポイントは、これまで東日本地区において、一部地域を除いて営業窓口が輸出営業本部と輸入営業本部に分かれていたが、担当窓口を一元化して総合営業できる体制を整え、ワンストップサービスを提供する。

これまで、エリアごとの営業体制とは別に、東日本輸入営業本部内にリテイル、医薬品、食品に特化した営業部署を設けていたが、今回の再編により、自動車・航空機課、半導体課等を新設し、特定産業へのアプローチを深化させ、よりきめ細かく顧客のニーズに応える体制を強化する。

営業体制の一元化に合わせて、カスタマーサービス体制も再編し、同じ本部内で輸出・輸入・三国間輸送サービスを提供することで、業務効率を上げてより良いサービスを提供する、としている。

最新ニュース