DICグラフィックス/接着剤や塗料製品の価格改定、物流コスト急騰も一因

2018年02月28日 

DICは2月28日、子会社であるDICグラフィックスが、主にパッケージ印刷向けに使用されるグラビア・フレキソインキおよび接着剤や、食品用金属容器などに使用される塗料製品について、3月15日出荷分より、価格を改定すると発表した。

価格改定は主原料である樹脂および顔料、副原料の価格も、原油やナフサ価格の高騰により上昇が主要因。その他、深刻化する物流業界の人手不足を背景とした物流コストや金属容器などの副資材コストも急騰している、としている。

価格改定幅は白インキで、40円/kg、色インキ70円/kg、メジュームおよびOPニス50円/kg、接着剤50円/kg、硬化剤50円/kg、クリヤー20円/kg、ホワイトコーチング30円/kg。

最新ニュース