UPR/スマートパレット効率的運用で NTTコミュのIoT Platform導入

2018年02月27日 

ユーピーアールとNTTコミュニケーションズは2月27日、物資の在庫把握/入出庫管理などをクラウド上でリアルタイムに管理できるサービス「スマートパレット」の効率的な運用を目的に、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が提供する IoT Platformサービス「Things Cloud」と、モバイル通信サービス「OCNモバイルONE」を導入すると発表した。

<「スマートパレット」への導入イメージ>
「スマートパレット」への導入イメージ

近年、多くの企業でIoT活用が進む中、ユーピーアールは、これまで自社で運用してきた「スマートパレット」の各パレットからのデータを収集する基盤に、運用が柔軟なUIや豊富なAPI機能を具備するNTT Com のIoT Platformサービス「Things Cloud」と、高い信頼性を誇るモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」を導入することで、人的作業を自動化し、さらなる運用の効率化を図る。

ユーピーアールと NTT Com は、「スマートパレット」と IoT Platform とのシステム連携をはじめとして「なんでも追跡システム」など他サービスにおいても、物流と IoT を融合し、物流分野・業界の労働力不足を解消する方策の一つである「Logistics4.0」の実現を目指す。

物流業界では、製品を輸送・保管するパレットの紛失問題や、ハンディスキャナを用いた入出荷作業、目視による棚卸業務作業など倉庫管理のコストが大きな課題。

ユーピーアールは、これらの課題を解決するため、入出荷時間や正確な在庫データをリアルタイムに把握できる、クラウド型パレット管理サービス「スマートパレット」を、920MHz アクティブ RFID を活用したサービスとして実用化し、2014年に世界で初めて国内の大手企業の顧客に提供開始した。

最新ニュース

物流用語集