シモハナ物流/浦和営業所で犯人隠避等により社員が逮捕

2018年02月27日 

シモハナ物流は2月27日、浦和営業所での犯人隠避等の被疑事件につき、社員が逮捕されたとの報道がなされたと発表した。

シモハナ物流では、情報収集に取り組むと同時に、捜査機関に対する最大限の協力をしている。

関東エリアにおいて、2015年から2017年にかけ、取引先店舗への商品納品時に放置駐車違反となった際、車両使用制限を避けるため、同営業所の判断で、運転していた乗務員以外の従業員が代わりに出頭するという対応をとっていたというもの。

シモハナ物流は、捜査機関による捜査に協力する過程で身代わり出頭の事実を把握するに至ったという。

本部としては、浦和営業所での独自の違法行為を未然に防ぐような管理ができていなかった点につき深く反省し、徹底した調査・真相究明及び厳正な処分で臨む所存としている。

現時点でシモハナ物流が把握している事実から説明するとし、一部報道で指摘されるような身代わり出頭者への利益供与はないとしている。また、他のエリアの営業所では同様の事実は無いことが確認できているという。

今後の対応では、納品時の駐車スペース確保、2人乗務体制の整備を行い、再発防止策として、法令順守を従業員一人一人に徹底し、内部管理体制の一層の改善を図り、信頼回復に努める。対応の詳細につきましては、全容が解明され、然るべき手続が終了した際に、速やかに説明するとしている。

最新ニュース

物流用語集