ANA、NCA/戦略的業務提携、航空貨物スペースを有効活用へ

2018年02月26日 

全日本空輸(ANA)と日本貨物航空(NCA)は2月26日、両社のサービス向上と企業価値を高めるために戦略的業務提携を行うことについて覚書を締結した。

これまで実施してきた連帯運送(インターライン)契約に加え、両社運航便での共同運航(コードシェア)契約を締結し、両社の航空貨物スペースをこれまで以上に有効活用し、より広範なネットワークを高い輸送品質で顧客に提供する。

ANAが運航するボーイング767型貨物機、今後導入を予定しているボーイング777型大型貨物機と、NCAが運航するボーイング747型貨物機による円滑な接続輸送など貨物専用機ならではのサービスの実現を目指す。

本邦航空会社同士の提携により、世界に広がる顧客の要望に応えるためグローバルな大型航空貨物輸送ネットワークを提供していくとしている。

主な提携の内容は、まず、両社運航便での共同運航(コードシェア)。主にNCAが就航する欧米線などの貨物便に対するANA便名の付与や、ANAが就航する中国・アジア路線の貨物便・旅客便(貨物スペース)に対するNCA便名の付与を全世界的に展開する。

今後ANAが導入する大型貨物機とNCA運航便との共同運航によるシナジー効果の発揮を目指す。

両社運航便での連帯運送(インターライン)の拡大では、NCA運航便に対するANAによる貨物スペースの買取(=ブロックスペース)、ANA運航便に対するNCAによる貨物スペースの買取。

航空機整備部門における業務協力では、ANA整備士のNCAへの派遣や整備に関するナレッジの共有など。

提携開始時期は2018年度上期中。

関連記事

最新ニュース

物流用語集