川崎重工/新開発のLNG運搬船「LNG SAKURA」を引き渡し

2018年02月26日 

川崎重工は2月26日、関西電力と日本郵船向け17万7000立方m型LNG(液化天然ガス)運搬船「LNG SAKURA」を引き渡した。

<17万7000立方m型LNG運搬船「LNG SAKURA」>
17万7000立方m型LNG運搬船「LNG SAKURA」

2016年に運用が開始された新パナマ運河を通峡できる船型として、同社が開発した17万7000立方m型LNG運搬船の第1番船で、関西電力が米国コーブポイントLNGプロジェクトより調達するLNGの輸送に投入する。

世界の主要なLNGターミナルへ入港できる 従来船の船体寸法を維持しつつ、カーゴタンクを大型化し、LNG積載量を増加させることで、LNG輸送コストの削減と船主の多様なLNGトレードに柔軟に対応する。

船体構造の最適化による船体重量の軽量化や、船体形状の最適化に加え、大型船では当社初となる2機2軸推進方式の採用により、推進性能を最大限に高めるとともに、モス型LNG運搬船としては世界初となるDFD電気推進システム(Dual Fuel Diesel Electric System)を搭載し、低速域から高速域の幅広い船速域で優れた燃費性能を発揮する。

■主要目
全長:300.00m
長さ(垂線間長):286.00m
幅(型):48.90m
深さ(型):27.00m
満載喫水(型):11.80m
総トン数:13万5977トン
載貨重量:8万2137トン
貨物タンク容積:17万7377立方m(-163度、100%において)
主推進機関:推進モーター×2基、減速機×2基
航海速力:約19.5ノット
定員:38名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:バハマ

最新ニュース

物流用語集