オリックス・レンテック/ドローン操縦士養成スクール、4月開校

2018年02月23日 

オリックス・レンテックは2月23日、ドローン操縦士を養成する「ドローン・トレーニングスクール」を4月10日に開校すると発表した。

<屋外講習の様子(イメージ)>
屋外講習の様子(イメージ)

「ドローン・トレーニングスクール」は、法人向けのドローン操縦教習所。高い技術力と安全運航の知識を持つ操縦士の養成を目的に、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールとして、 オリックス・レンテックが運営する。

経験豊富な講師陣による「JUIDA認定 無人航空機操縦技能講座」では、初心者でも安心・安全にドローンの操縦技術を習得できる環境を提供。

国土交通省が定めるガイドラインに沿った内容の座学講習(1日)と屋内・屋外での実技講習(3日)の計4日間で、ドローンの正しい知識と操縦方法を学ぶ。

ドローンを人口集中地区や空港周辺、夜間などに飛行させる際は、航空法に基づき国土交通省などへの飛行許可申請が必要だが、飛行場所や時間、機体の性能や飛行経験などを総合的に判断する複雑な手続きがあるため、許可までに多くの時間を要する場合がある。本講座修了者は、国土交通省の飛行許可申請時の必要書類の提出が一部免除される「JUIDA操縦技能証明証」の交付を受けることができ、手続きの簡略化を図れる。

また、本証明証の取得者で、実際の飛行業務経験を持つ方を対象とした「JUIDA認定 安全運航管理者講座」も併せて開講する。座学講習と実技講習は、東京都と埼玉県のそれぞれで実施する。

ドローンは、建設現場での測量や橋梁・鉄塔などのインフラ点検、災害現場の状況確認のほか、物流、警備、農業など幅広い分野での活用が期待されている。労働人口の減少を背景にさまざまな企業が導入検討を進めており、ドローンの市場規模は今後飛躍的に成長すると見込まれている。 一方、各産業分野での実用化に際しては、最新機種の調達や活用方法の検証、メンテナンス、安全管理のガイドライン化、操縦士の育成などの課題がある。

こうした環境を踏まえ、オリックス・レンテックでは、2017年3月よりドローンの販売、4月よりレンタルサービスを開始した。そして、ドローン飛行の信頼性と安全性の確保がより強く求められる中、確かな技術力を持つ操縦士の養成スクールを通じて、安全なドローン運航を後押しするとしている。

■養成スクールの概要
名称:ドローン・トレーニングスクール
営業時間:9:00~17:00 平日のみ
開校日:2018年4月10日(火)
場所:
座学講習 
住所:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
JR山手線大崎駅下車 徒歩5分

屋内講習 
埼玉県川口市東川口6-6-11
JR武蔵野線東川口駅下車 徒歩15分

屋外講習 
埼玉県さいたま市桜区大久保領家896
JR浦和駅または南与野駅から国際興業バス乗車、 下大久保下車 徒歩12分

■コース概要
JUIDA認定 無人航空機操縦技能講座
座学1日、 実技3日(屋内2日、 屋外1日)計4日
受講料:25万円/1名(税別)

JUIDA認定 安全運航管理者講座
座学 1日
受講料 3万円/1名(税別)

申し込み、問い合わせ
オリックス・レンテック 戦略営業部 福島・小澤
TEL:03-3473-8470 平日9:00~17:00
drone.training.school@orix.jp

最新ニュース