欧州日通/ケニアでビジネスレセプションを開催

2018年02月22日 

欧州日本通運は2月6日、ケニア共和国の首都ナイロビ市で、ビジネスレセプションを開催した。

<レセプション>
レセプション

<伊藤副社長のスピーチ>
伊藤副社長のスピーチ

ビジネスレセプションには、在ケニア日本国大使館の植澤利次大使、ケニア政府からアダン・モハメド産業・貿易・協同組合長官をはじめ、日系企業の顧客やパートナー企業などを招待し、日通の伊藤豊副社長、欧州ブロック地域総括の海野茂執行役員ら総勢約100名が出席した。

2017年8月に開設したアフリカ初の営業拠点となるケニア支店では、航空・海運輸出入フォワーディング業、通関業、倉庫業、国内輸送業、引越業(海外引越・ケニア国内引越)を行っている。

ビジネスレセプションでは、日通ならびにケニア支店の事業内容の紹介や、冷凍・冷蔵輸送商品、ロジスティクス関連、引越商品の打ち合わせブースを設け、顧客との商談が行われた。

今後ますますの成長が見込まれるケニアと東アフリカ地域で、顧客のニーズに対応できる体制を整えるとともに、積極的な進出と事業展開を進め、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努める。

最新ニュース