日本郵便、ecbo/郵便局での荷物一時預かりサービス開始

2018年02月19日 

日本郵便と荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営する、ecboは、「ecbo cloak」と連携した郵便局での荷物一時預かりサービスの試行実施を2月21日から順次開始すると発表した。

<2月21日預かり開始郵便局>
2月21日預かり開始郵便局

<3月1日預かり開始郵便局>
3月1日預かり開始郵便局

東京都・神奈川県内の計31局で実施し、年間1万人の利用を目指す。

料金は、1日1個、バッグサイズが300 円(税込)、 スーツケースサイズが600円(税込)。

大きさはバッグサイズが最大辺の長さが45cm未満、スーツケースサイズが最大辺の長さが45cm以上。

予約・支払方法は、「ecbo cloak」から事前予約・決済をした上で、 郵便局まで荷物を持ち込む。

実施日はまず、2月21日から5局で預かり開始(予約開始は2月1日(木)から)、その後3月1日から26局で預かり開始(予約開始は、2月20日から)。試行期間は9月末日までを予定している。

なお、現在、 コインロッカーの不足等に起因し、 荷物を預けることができない人が増加しているが、今後も訪日観光客の増加等により、更なる荷物預かり需要の拡大が想定される。

店舗の遊休スペースに荷物を預けることができる「ecbo cloak」を運営しているecboと日本郵便がタッグを組むことで、郵便局での荷物預かりを行い、手荷物の悩みを解消することを目指す。

旅行者だけでなく、 ビジネスパーソンや受験・就職活動中の人など、日本全国で老若男女問わず、生活の様々なシーンで、より便利に利用が可能となる。

試行実施では、 様々な立地の郵便局での荷物預かり需要について検証を行い、将来的に全国の郵便局への「ecbo cloak」導入実現に向け、 取り組みを進めていく。

最新ニュース