中央自動車道/駒ヶ岳スマートICが3月17日に開通

2018年02月19日 

駒ヶ根市と中日本高速道路名古屋支社は2月16日、中央自動車道駒ヶ岳サービスエリア(SA)に設置を進めていた、駒ヶ岳スマートICが3月17日15時に開通すると発表した。

<完成予想図>
完成予想図

<路線図>
路線図

駒ヶ根IC~松川IC間の15.4kmが、駒ヶ岳スマートICの開通により、駒ヶ根IC~駒ヶ岳スマートIC間3.3km、駒ヶ岳スマートIC~松川IC間12.1kmとなり、高速道路が使いやすくなる。

駒ヶ岳スマートICにより、駒ヶ根市南部および飯島町の工業用地の魅力が高まることで企業の進出を促すと共に、更なる生産活動の活性化、雇用創出による産業の発展が期待される。

駒ヶ岳スマートICにより、中央自動車道へのアクセス交通の分散が図られ、既存の駒ヶ根IC周辺道路の混雑緩和が期待されるとしている。

■概要
設置場所:長野県駒ヶ根市赤穂
 E19中央道 駒ヶ岳SA(駒ヶ根IC~松川IC間)
事業主体:駒ヶ根市、中日本高速道路
利用時間:24時間利用可能
出入方向:全方向利用可能(東京方面、名古屋方面の出入り)
対応車種:ETC車載器を搭載した全車両(但し、車長12m以下)
主なアクセス道路:(上り線側)市道南割中田切線、(下り線側)市道琴ヶ沢線

最新ニュース

物流用語集