シャープ/低床ガイドレスAGV(無人搬送車)の受注開始

2018年02月15日 

シャープは2月14日、工場や倉庫などで製品や荷物を無人で搬送するAGV(Automatic Guided Vehicle:無人搬送車)<XF-100>の受注を、2月19日より開始すると発表した。

<低床ガイドレスAGV(XF-100)>
低床ガイドレスAGV(XF-100)

あらかじめ設定したルート上を、本体に搭載のセンサーで周囲の状況を確認しながら、自律的に走行する。

走行ルートを設定するための磁気テープが不要な「ガイドレスタイプ」なので、頻繁に配置変更を行う工場や倉庫においても、手軽にルート変更が可能。走行ルート上に棚や人などの障害物を検知した場合は、自動的に停止、または回避して走行する。

磁気テープを併用することで、狭い通路を走行したり、決められた場所に高精度(±5mm)で停止したりすることもできる。

このモデルは、顧客の要望に応じて、オプションの装着や仕様変更などのカスタマイズが可能。カゴ車搬送ユニットを装着すれば、カゴ車や台車の下に潜り込んで、牽引できる。

本体高さ約190mmの低床タイプなので、市販のカゴ車や台車に幅広く対応する。

■仕様
形名:XF-100
外形寸法(本体のみ):幅約480×奥行約900×高さ約190mm
積載許容荷重:200kg
潜り込み牽引重量:200kg
走行方式:2D-LIDAR-SLAMによる自律移動方式+磁気誘導方式
走行方向:前進
最高走行速度:分速60m(時速3.6km)
安全装備:非常停止スイッチ、バンパースイッチ(前方・後方)、障害物センサー(前方・後方)、走行メロディ(最大85dB)、ウィンカー
充電方式:自動充電

■問い合わせ
シャープ
ビジネスソリューション事業本部 マニファクチャリングシステム事業部
TEL:072-991-0942 商品企画部

最新ニュース

物流用語集